教えて!ホルスタインおじさん!

教えて!ホルスタインおじさん!

あれ?ホルスタインおじさんがモゾモゾしているぞ?ちょっと様子を見に行ってみよう!

著作権クリアのマンガルーで作る走れメロス

やあやあホルスタインおじさんです。

今日は、著作権がクリアされた漫画のコマを使って走れメロスの挿し絵にしてみたのね。

 

まあ、ありがちな題材だけど楽しんで読んで見てなのね。

mangaloo.jp

はしれメロス

純朴な羊飼いの青年メロスは、十六になる妹の結婚のために必要な品々を買い求めにシラクスの町を訪れた。 

 

町の様子がひどく暗く落ち込んでいることを不審に思い、市民に何が起きているのかを問う。

 

そして、その原因である人間不信のために多くの人を処刑している暴君ディオニス王(ディオニュシオス2世)の話を聞き、激怒する。

 

 

メロスは王の暗殺を決意して王城に侵入するが、あえなく衛兵に捕らえられ、

 

 王のもとに引き出された。

 

人間など私欲の塊だ、信じられぬ、と断言する王にメロスは、人を疑うのは恥ずべきだと真っ向から反論する。

 

当然処刑される事になるが、メロスはシラクスで石工をしている親友のセリヌンティウスを人質として王のもとにとどめおくのを条件に、妹の結婚式をとり行なうため3日後の日没までの猶予を願う。

 

王はメロスを信じず、死ぬために再び戻って来るはずはないと考えるが、セリヌンティウスを処刑して人を信じる事の馬鹿らしさを証明してやる、との思惑でそれを許した。

 

メロスは急いで村に帰り、誰にも真実を言わず妹の結婚式を急ぎ、夫を信じて誠心誠意尽くすように言い含め、式を無事に終えると3日目の朝まだき、王宮に向けて走り出した。

 

難なく夕刻までに到着するつもりが、川の氾濫による橋の流失や山賊の襲来など度重なる不運に出遭う。

 

濁流の川を懸命に泳ぎ切り、山賊を打ち倒して必死に駆けるが、無理を重ねたメロスはそのために心身ともに疲労困憊して倒れ込み、一度は王のもとに戻る事をあきらめかけた。

 

セリヌンティウスを裏切って逃げてやろうかとも思う。しかし近くの岩の隙間から湧き出てきた清水を飲み、疲労回復とともに義務遂行の希望が生まれ、再び走り出す。

 

人間不信の王を見返すために、自分を信じて疑わない友人の命を救うために、そして自分の命を捧げるために。

 

こうしてメロスは全力で、体力の限界まで達するほどに走り続け、日没直前、今まさにセリヌンティウスが磔にされようとするところに到着し、約束を果たす。

 

セリヌンティウスに、ただ1度だけ裏切ろうとした事を告げて詫び、セリヌンティウスも1度だけメロスを疑った事を告げて詫びた。

 

そして、彼らの真の友情を見た王は改心したのである。

 

 

 ・

 

 

あれ?オチは?

 

 

 

 

 

 

この話は、男と男の真の友情の話だったよね?

 

 

 

 

メロス『セリヌン、俺を信じて待っててくれてありがとう。』

友人 『メロス、いいんだよ。こうして約束を果たしに来てくれたじゃないか。』

メロス『でも、俺が裏切る事とか考えなかったのか?』

友人 『たとえ裏切られてもいいんだ。』

メロス『え?』

友人 『君のいない人生なんて生きる価値なんてないからさ。』

 

 

 

こんな話をお求めの方はこちらをどうぞ。

BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす

BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす