教えて!ホルスタインおじさん!

教えて!ホルスタインおじさん!

あれ?ホルスタインおじさんがモゾモゾしているぞ?ちょっと様子を見に行ってみよう!

【書評】『妻のトリセツ』からリストを作成し『良い夫度数』を測ってみた

広告

ツイッターでやばいと話題になっていた『妻のトリセツ』を、たまたま読んでしまったので感想でも書こうかと思ってたが、最初の数ページだけで比較的に家事をやってる方と自負してる自分でもコレはハードル高い内容だと思ったのね。

しかし夫婦仲は良くしないと一生を台無しにしそうなので無理して読み進め、『妻のトリセツ』から夫に求められてる事を抜粋して自分がどれだけできてるかを『良い夫度数』として測ってみました。

 

因みに、Twitterでヤバいと言ってる人はヤバそうな所だけ一部抜粋して見てるだけで、全部読み通すと納得感のある内容でしたので安心して読み進めて下さい。

妻のトリセツ (講談社+α新書)

良い夫リストを作ってみた

 この本に書かれた内容を一部抜粋して、勝手にそれっぽいリスト作りました。

みなさんも何となくやってみてください。

◯はできてる、△は半々、✕はできてないです。

【心理編】

✕ 1.妻の周産期・授乳期は女友達として『会話は常に共感』するよう接しよう。

 ⇒無理でしたな。他愛もない会話が苦手なので、つい「で結論は何?」と何度も聞いてました。

✕ 2.愚痴はアドバイスせず共感のプレゼント大会に参加せよ

 ⇒愚痴はすべて聞いてたが、余計なアドバイスはかなりしたかもしれない。てかアドバイスしないで共感だけの会話を続けるのって苦行でしょ!

△ 3.(1日何してたのとか)地雷を踏むセリフに気をつけよう

 ⇒回数は少ないと思うが、何回かは怒らせたかも・・・

✕ 4.話し合いはビジネスのプレゼンメソッドで(デメリットよりゲインを示す)

 ⇒内容にもよるが割りとデメリットを言って論破してたかも・・・

◯ 5.実家では妻をえこひいきする

 ⇒妻の苦言(方言がわからない)によりだいぶえこひいきでるようになった。

△ 6.息子が妻を攻める時、何があっても妻の味方でいる。

 ⇒コレはするべきなんだとこの本を読んで思ったが、男親が朝とか子を叱るとその後妻が苦労する(幼稚園に連れていけない)から妻に辞めてと言われるんだよな〜。

◯ 7.(料理、洗濯、掃除、ゴミ捨ての間にある)名もなき家事を認識する

 ⇒これは妻の指導が徹底してるから、今は割りとできてる方だと思う。

【タスク編】

◯ 8.お米を切らさない

 ⇒コレは毎回ネット注文を私が手配してるのね。

◯ 9.コーヒーを切らさない

 ⇒ほぼほぼ切らしてないよ。ちゃんと買ってくるよ。

✕10.洗面所の鏡をキレイにキープする。

 ⇒大掃除ですらやってないや。(妻も)

◯11.朝食の準備など平行家事のをする。

 ⇒私の方が手際いいです。

◯12.コーヒーを入れる。

 ⇒日課です。

◯13.寝る前に米を炊飯器にかける。

 ⇒ほぼ日課です。

◯14.食器洗をする

 ⇒日課です。

✕15.頼まれたタスクを忘れない

 ⇒たまに忘れます。 

【何編だこれ?】

△16.妻の失敗は無邪気に指摘

 ⇒追求はしないが、サクッと指摘はするよ。最近は賞味期限切れは無言で捨てるけどね。

△17.妻の小言(◯◯しっぱなし問題)

 ⇒電気つけっぱなしは割りとあるが、妻の小道具置きっぱなしよりましかも。

◯18.トイレ座りション問題

 ⇒長年の闘争の結果、座りションがほぼ定着しました。

◯19.部屋の(整理整頓)テリトリーを分けをして、妻のエリアは口出ししない

 ⇒キッチンは妻、寝室は私、それ以外は共同利用。そんな整理整頓の住み分けができつつあるのね。しかし、整理の雑然さが気になって、たまにキッチンの整理をしてしまう。

◯20.買い物問題(プロセス思考の女性とゴール思考の男性)

 ⇒コレは住み分けができてて、比較検討が必要なものは私、それ以外は妻が決める。

【妻を絶望させるセリフ編】

◯22.(電球替えなど)言ってくれればやったのに発言

 ⇒言う瞬間があまりない。大概の面倒事(レンジの掃除や電球替えなど)は私が自主的にやっている。

◯23.だったらやらなくていいよ

 ⇒言ってないと思うな〜

✕24.つまりこういうことだろ?

 ⇒これは言ってしまう。え?駄目なの解決策言ったら??

◯25.今日何してた?

 ⇒このセリフは言ってないけど、「宅配便の再配送した?」はつい言ってしまう。でもするでしょ普通。

◯26.いいな〜君は。一日子供と一緒で

 ⇒むしろ土日は(妻仕事で)私だけで子供見てる事の方が多いから逆に妻から言われる!!!

△27.事実の肯定するときも否定するときも、妻の心根は肯定する

 ⇒うーんどうだろ。常に心根を肯定してるかは意識してないからわからんな〜

◯28.(みんあ私が悪いんだよね)など裏腹な妻の言葉の理解度

 ⇒分かるけど、困る発言だよな〜。

【ポジティブトリガーを引く編】

◯29.楽しみの予告と反復

  ⇒定期的に沖縄旅行とかしてるで。妻も3ヶ月前から楽しみにしとるで。

◯30.感謝するよりわかってると伝えよう

  ⇒子供と一緒に妻の料理の絶賛大会をたまにしてます。

◯31.ちょっと手間のかかる夫は実は愛おしい

 ⇒なんか手間かけてるかな〜?あ!飲んだ次の日は寝室中ファブリーズを浴びり、寝具一式洗濯されとるわw

✕32.携帯電話を効果的に活用する

 ⇒たまに他愛もないLINEは既読するーしてるなー。気をつけねば。

✕33.ビジネスの出張は一大チャンスと捉えよう

 ⇒妻の求める報告・連絡がちょっと足りてなかったかも。例に「今、小田原通過。満席」これだけでも良いとあるが、コレすらしてない自分を恥じます。

✕34.返信に困ったら、とりあえずおうむ返しで乗り切る

 ⇒できてないな〜。

◯35.お土産を買って家に帰ろう

 ⇒たまにやっるな、よしよし。

△36.定番の幸せお菓子を作っておこう

 ⇒あるけど近所で買えないんだよな〜

 

この後、「いくつになっても愛の言葉が欲しい女性脳」編があるが、ここは恥ずいので省略。

 

自分の良い夫度数を数値化してみた

 さて、リストを数値化してみよう。配点は◯を2点、△を1点、✕を0点だ。

 【心理編】

6点(14点満点)

私は女性への心理的な気遣いがかけるようだ。しかし、それ無理よ。だって求めるのは女性脳のような気遣いなんだから(開き直り)

【タスク編】

12点(16点満点)

概ね合格点かな。まあ、自分でも思うが家事は食事以外すべてこなしている自信有り。

【何編だかこれ?】

8点(10点満点)

こちらも高得点。あえて区分を設けるなら、トラブル回避編かな?

【妻を絶望させるセリフ編】

11点(14点満点)

これはかなり新婚当時から鍛えられました。トライ&エラーで少しづつ失言って減るものなのね。

【ポジティブトリガーを引く編】

9点(16点満点)

こちらは少々足りてないのかも。報告連絡大事なのね。

 

【総合得点】

46点(72点満点)63%

 とりあえずギリギリ合格点って事かな?

結構自信があったのだが、たしかに妻を怒らせる事もあるしむしろこんなもんだろうと思う。

本を読み終えての感想

最後に、よい夫の条件はこんな人のようだ。

夫が完璧だと、その放電先が子どもになったり、自分に跳ね返ってうつに転じたりして、危なくてしょうがない。いい夫とは、「おおむね優しくて頼りがいがあるが、時に下手をして、妻を逆上させる男」にほかならない。

 こうして見ると完璧な男ってのは女性には求められていないって事で安心しました。

そして、ここでは触れませんでしたが、この本は男性に家事を求めるものでも、女性の奴隷のように尽くす事でも無く、男女の生物としての違いをキチンと書かれた良書だと思う。

違いを認識する事で、妻の突発的な理解できない発言や行動も許容できるようになれるし、男性の駄目なところも生物学的に妻に説明できます。

妻がパニクってモンスター化しても「あ!妻のトリセツに書いてたアレか!」とショックは最小限で抑えられ、がんばれば対策も立てられると思います。

 

こんな人にオススメ
  • 妻が妊娠・授乳期間中でホルモンバランスが崩れてる方
  • 自分の仕事が忙し過ぎて家事参加があまりできない方
  • 妻との関係改善を望む方
  • 老後も仲良く妻と暮らしたい方

 

因みに、妻は立ち読みで激しく同意して本屋で私に勧めてきたのですが、その場では拒否しコッソリAmazonのKindleでダウンロードしたのはここだけの話です。